インドの化学産業について: 市場、動向、展望

インドの化学産業について: 市場、動向、展望

人気商品

人気のあるカテゴリ

インドの化学産業については、インド経済の中で急速に成長している分野であり、国の将来の経済成長に大きく貢献する可能性を秘めています。また、インドが国際的な大国として台頭するにつれ、多くの企業がその急成長を遂げる化学産業への参入を検討していますが、この分野には主要企業が多数存在するため、それは困難な場合があります。そのため、このガイドは、この複雑な業界をナビゲートするのに役立つことを目的としています。

化学産業の紹介

インドの化学産業について:インドで最も急速に成長している産業の 1 つです。この業界は、2018 年から 2023 年にかけて 9.6% の CAGR で成長すると予想されています。このセクターは 2023 年までに 2,260 億米ドルに達すると予想されています。

インドの化学産業について:基礎化学品、特殊化学品、農薬の 3 つの主要なセグメントに分類されます。基礎化学物質には、石油化学製品、無機化学薬品、肥料が含まれます。特殊化学品には、染料や顔料、医薬品、化粧品などが含まれます。農薬には殺虫剤や除草剤が含まれます。

インドの化学産業について : 建設、自動車、繊維、エレクトロニクス、食品および飲料などの最終用途産業からの需要の高まりによって推進されています。経済成長とインフラ開発を促進する政府の取り組みも、インドの化学産業の成長を促進すると予想されています。

インドの化学産業の課題

インドの化学産業は国内で最も重要な産業の 1 つであり、多くの分野で幅広い応用が行われています。ただし、次のような多くの課題に直面しています。

  1. 原材料へのアクセス: インドの化学産業は、製造に使用される主要な化学物質の多くを大量に埋蔵していないため、輸入原材料に大きく依存しています。この依存により、業界は世界的な価格の変動や供給の混乱に対して脆弱になります。
  2. 規制環境: インドの規制環境は複雑で矛盾が多いため、企業の円滑な運営が困難であり、コンプライアンスコストが高くなります。
  3. インフラストラクチャー: インフラが整備されていないことは、輸送コストと生産コストの上昇につながるため、インドの化学産業にとって大きな課題となっています。さらに、信頼性の高い電源や熟練労働者の不足も業務に影響を与える可能性があります。
  4. 環境への懸念: 化学産業自体の排出物とその製品によって引き起こされる汚染の両方の観点から、化学産業が環境に与える影響についての国民の関心が高まっています。これにより、規制が強化され、より持続可能な慣行を採用するよう企業に圧力がかかるようになりました。

化学物質の重要性

インドの化学産業は世界最大の産業の一つであり、世界市場の 10% 以上を占めています。この国の膨大な人口と成長する経済により、この国は化学品の重要な市場となっています。インドは化学品の主要生産国でもあり、この分野で 20,000 社以上の企業が事業を展開しています。

化学産業はインド経済において重要な役割を果たしており、国の GDP の 2% 以上に貢献しています。この部門は 100 万人以上を雇用しており、年間 8 ~ 10% の割合で成長すると予想されています。政府は投資と成長を促進するために減税やその他の奨励金を提供し、業界を支援してきました。

インドは基礎化学品と特殊化学品の両方の主要生産国です。この国には多数の中小企業(SME)があり、生産の大きなシェアを占めています。インドの化学産業は非常に多様化しており、製品は肥料や農薬から化粧品や医薬品に至るまで多岐にわたります。

インドの化学産業について インドの膨大な人口と成長する経済により、インドは化学品の重要な市場となっています。インドは化学品の主要生産国でもあり、この分野で 20,000 社以上の企業が事業を展開しています。化学産業はインド経済において重要な役割を果たしており、国の GDP の 2% 以上に貢献しています。この部門は 100 万人以上を雇用しており、年間 8 ~ 10% の割合で成長すると予想されています。

インドの化学産業:問題点と展望

インドの化学産業はアジアで 3 番目、世界で 6 番目に大きい。 MarketsandMarketsによると、同国の化学市場は2016年から2021年にかけて9.6%の年間平均成長率(CAGR)で成長すると予想されている。

しかし、この堅調な成長見通しにもかかわらず、インドの化学産業は重大な課題に直面しています。これらには、投入コストの高さ、生産性の低さ、規制のハードル、インフラの未開発などが含まれます。

インドの化学産業について:投入コスト: インドの化学産業が直面している最大の課題の 1 つは、投入コストが高いことです。これは、インドの化学製品の総生産コストの 70% を輸入原材料に依存しているためです。この輸入への依存により、業界は世界的な価格と為替レートの変動に対して脆弱になります。さらに、インドではレアアース金属などの特定の主要原材料の供給が限られており、価格上昇圧力となっている。

インドの化学産業について:生産性: インドの化学産業が直面しているもう 1 つの課題は、生産性の低さです。これは、製造プロセスが時代遅れであることと、研究開発(R&D)への投資が不足していることが原因です。その結果、インド企業は価格や品質の点で外国企業と競争できないことがよくあります。さらに、生産性が低いと、業界における高レベルの汚染と廃棄物の発生につながります。

インドの化学産業の市場と動向

インドの化学産業は、世界で最も急速に成長している産業の 1 つです。この国の膨大な人口と増加する中流階級は化学品に巨大な市場を提供しており、この業界は今後数年間で急速な成長を続けると予想されています。

インドの化学産業について インドの化学産業の成長を促進する要因は次のとおりです。

この国の膨大な人口と増加する中産階級。インドの人口は 13 億人を超え、中間層は 2025 年までに約 5 億人に増加すると推定されています。これは化学品に大規模な市場を提供しており、需要は今後も急速に成長すると予想されます。

インドの急成長する経済。この国のGDPは2025年までに1兆4兆5千億を超えると予想され、世界最大の経済大国の一つとなる。この経済成長により、さまざまな業界にわたって化学品の需要が高まっています。

政府の有利な政策。インド政府は、化学産業の成長促進を目的とした多くの政策や取り組みにより、化学産業を支援してきました。これには、インフラストラクチャへの投資、研究開発、この分野に投資する企業に対する税制上の優遇措置が含まれます。

豊富な天然資源。インドには、石炭、石油、ガスのほか、炭酸カルシウムや硫黄などの鉱物が大量に埋蔵されています。これにより、国内の化学メーカーは国際的な競合他社と比較してコスト面で有利になります。

結論

インドの化学産業は、外国投資家にとってユニークな機会を提供しています。この国には、急速に成長する大規模な市場があり、熟練した労働力と有利な政府政策があります。インドには、多くの大手世界的化学企業の本拠地もあり、インドに多額の投資を行っています。しかし、業界はインフラストラクチャの制約、環境規制、中国メーカーとの競争など、いくつかの課題に直面しています。こうした課題にもかかわらず、インドの化学産業は今後数年間で急速な成長を続けると予想されています。

Cookie の設定を更新する